立川2店目の楽観!白菜タンメン楽観!

本日ご紹介するのは「白菜タンメン楽観」さんです!

https://tabelog.com/tokyo/A1329/A132901/13189222/

2万人いるとも言われる弊ブログ常連の方々にはピンときたことでしょう。

弊ブログで以前紹介した楽観さんの立川2店目になります(cf. http://tachikawax.hatenablog.com/entry/2017/09/23/103254

 

この2号店は、何度もスタイルを変えてきているお店で、

出店当初はどろどろしたポタージュスープのラーメン屋さん、やがて煮干しをふんだんに使ったスープのラーメン屋さんとなり、さらに現在のスタイルとなったわけです。

 

弊ブログでも、以前に煮干しの楽観時代にご紹介しました。(cf. http://tachikawax.hatenablog.com/entry/2016/11/06/221953

楽観さんのラーメン研究所と言っても過言ではないでしょう(適当)

 

場所は、立川駅北口を出て右へまっすぐ、楽観1号店が見えたら左折して直進すると見えてきます。

このような看板が目印です。

f:id:tachikawax:20171011222507j:plain

この看板にあるように平日ランチは通常280円の揚げ餃子が無料!

そして水曜日は白菜タンメンの日!白菜タンメン(白)通常750円のところ500円で食べられてしまいます。(両サービス同時利用は不可)

店内の様子!ジャズ的な音楽が流れていて落ち着く店内。

f:id:tachikawax:20171011223656j:plain

 

この日は平日ランチではなかったので、タンギョウなるタンメンと揚げ餃子のセットメニュー(950円)を購入。

タンメンは白菜タンメン(白)750円と白菜タンメン(黒)850円のうちから選ぶことができます。値段で言えば白菜タンメン(黒)を選んだ方がお得(*^^*)

楽観の白菜タンメンの極意を予習します。

f:id:tachikawax:20171011223936j:plain

基本、酢、楽観サンバル、ペッパーと味の変化を楽しむことができるようです。

楽観サンバルとは、楽観オリジナルスパイスのことでかなり辛いので入れすぎに注意。

f:id:tachikawax:20171011224739p:plain

そして白菜タンメン(黒)と揚げ餃子が到着します。

f:id:tachikawax:20171011224951j:plain

黒い色は焦がしにんにくからくる黒のようです。

お店のおすすめの食べ方の通り頂きましたが、味の変化が楽しい1品です。

麺は楽観さんと同じ麺のようです。楽観ブランドの真骨頂は、やはりそのスープ。ここのお店では、白菜と豚肉のうまみがつまっていてついつい飲み干してしまいます。

白菜タンメン(黒)だとにんにくが強いので、仕事の合間のランチの方は、白菜タンメン(白)がよいでしょう(*^^*)

 

 

おでん食べ放題0円と海鮮丼のお店!MONROE

今回紹介するのは焼酎・スポーツバーMONROEさんです!

f:id:tachikawax:20171010232031p:plain

 

 

場所は、立川駅北口から少し歩きますが、ギリギリ曙町です。

説明しづらいので食べログの地図を見てね

https://tabelog.com/tokyo/A1329/A132901/13199317/

f:id:tachikawax:20171010230203j:plain

こういった外観。見つかりにくいので注意!10席ほどのこじんまりとしたお店です。

タイトルにおでん食べ放題0円と書きましたが、バーなのでチャージ料500円支払います。すると、おでんとその他惣菜が0円で食べ放題という仕組みなのです!店主曰く採算度外視なんだとか。

 

おでんとお惣菜。お惣菜は4~5品あるようです。

f:id:tachikawax:20171010230733j:plain

f:id:tachikawax:20171010230837j:plain

おでんはもちろんおいしいのですが、実は海鮮丼の方がはるかに人気があり、海鮮丼の店と化しているそうです。

そこで頼んだ海鮮丼がこちら。

f:id:tachikawax:20171010231140j:plain

これで800円という安さ!特にいくらはしっかり醤油漬けされていて、大変美味であります。

このお店の一番のウリは、水曜日限定の「鮪マシマシいくらマシマシ海鮮丼」です。まさかの海鮮丼でマシマシ。〇郎なんて行っている場合ではない!この日は水曜出なかったので拾い画像ですが、これで1000円。凄い時は2時間並ぶ日もあるんだとか。立川にそんな行列店はなかなかありません。

f:id:tachikawax:20171010232031p:plain

サムネイル画像のために出オチでしたが、何度見てもこれで1000円はすごい!

火曜日はレディース海鮮丼500円などもやっており、今立川でとても流行っているお店です!

スポーツバーなので、野球やサッカーの試合がある日はすぐ満席になるのでご注意を!

 Twitterアカウントがあるので気になる方はフォローしてみてください!

 https://twitter.com/seimu0923

立川No1ラーメンの呼び声!楽観!

立川の主要なラーメン店はほぼほぼ回った弊ブログ主ですが、弊ブログ主の中では立川No1ラーメンはここだと断言します(当社比)

今回は「楽観」さんをご紹介します

https://tabelog.com/tokyo/A1329/A132901/13143405/

 楽観さんと言えば、西麻布の人気店が立川にお引越ししてきたお店。今では武蔵小山、南青山、西麻布、ロサンゼルスにもお店を構えるようになりました。この中で立川が本店なんですよ!立川の誇るラーメン店です。

 

場所は、立川駅北口をずっと右に進むとカプセルホテルがあり、その1階にお店を構えています。

f:id:tachikawax:20170919211137j:image

中に入るとこのような感じ。

f:id:tachikawax:20170919212132j:image

このお店は高級おだしと木桶仕込みの一等醤油を使用した醤油ラーメンの「琥珀」と厳選塩とオリーブオイルの塩ラーメンの「パール」の2枚看板からなるお店。

ここではパールを注文。

f:id:tachikawax:20170919211817j:image

パールの真骨頂と言えば、やはりそのスープ。

f:id:tachikawax:20170919213151j:image

訪れた者は必ず飲み干してしまうという…(筆者談)高級にぼしとオリーブ油のスープは淡白ながらもあとを引くおいしさ。それに固めの中細麺がよく絡まり完成度の高さが伺えます。全体に散りばめられた玉ねぎがいいアクセントになりスープ全て飲むまで飽きさせません。

 

こちらは琥珀

f:id:tachikawax:20170919213534j:image

 こちらもパールと同じくスープに激しくこだわっています。これよりおいしい醤油ラーメンは世の中にそうはないでしょう(弊ブログ比

高級おだしを使っているだけあり和風な仕上がりを感じさせます。

 

楽観からもう少し北に進んだところに、楽観の別店舗があります。ここは実験的(?)に短期間の間に様々なコンセプトのお店を出しては閉めを繰り返しているお店です。

初めはポタージュスープのラーメン、次はとにかくにぼしをふんだんに入れたラーメン(弊ブログ http://tachikawax.hatenablog.com/entry/2016/11/06/221953 )、そして現在は白菜タンメンの楽観…こうした研究熱心なスタイルが美味しさの秘訣なのかもしれません!

(白菜タンメン楽観の記事はそのうち書ければと思います

 

 

 

 

 

立川駅新グルメ!武蔵野うどん こぶし

全立川クラスタ、いや全武蔵野の大地に生を受けし者必見のうどん屋が2016年秋立川駅に降臨!(∩˃o˂∩)

https://www.google.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/tokyo/A1329/A132901/13198804/top_amp/

 

近年の立川駅の開発の象徴とも言えるタクロスの開業、そしてそれに伴う立川駅北改札口の開通…

その北改札口の新グルメとして名乗りを上げたのが、武蔵野うどん こぶし さんです!( ̄▽+ ̄*)

 

場所は、立川駅北改札口を入って左手すぐてす!

f:id:tachikawax:20170918193522j:image

 

これまで立川駅グルメと言えば、かにチャーハンの店(弊ブログ http://tachikawax.hatenablog.com/entry/2016/11/19/104719 )、長田本庄軒T-tee(弊ブログ http://tachikawax.hatenablog.com/entry/2016/12/24/222350 )の複占が続いてきましたが、武蔵野うどんの専門店がその競争に割って入る形に。

 一見チェーンのようですが、武蔵野うどんこぶしは、このecute立川店しかありません。(このお店の母体の会社はJR系列の会社ですが)

 店内はこのような感じ( •́ .̫ •̀ )

f:id:tachikawax:20170918194459j:image

 

メニューは、肉汁つけうどん、ごぼ天うどん、きのこつけうどん、など様々ですが、ここは1番人気だという、肉汁つけうどん(730円)を注文!

f:id:tachikawax:20170918194006j:image

待ち時間に武蔵野うどんについて予習しておきます。

f:id:tachikawax:20170918194145j:image

要するに、小麦の殻を配合したうどんであり、つけ麺スタイルで食べるのが武蔵野流だそうです。程なくして到着したのがこちら

f:id:tachikawax:20170918194705j:image

確かに、うどんが独特な色合いをしています。これを豚肉、小松菜、ねぎ、しいたけ、油揚げと具沢山なつけ汁につけて頂きます。

麺は香川うどんとも稲庭うどんとも違う独特な食感と風味。つけ汁の具材が甘辛い汁をよく吸うので麺と一緒に食べると美味です。

 

うどんを完食して終わり、と思いきや、こちらのお店、つけ麺屋さんのようにスープ割ができるのです。血圧のことを気にしながらも全て飲み干してしまうことでしょう。

 

以上、武蔵野の大地を踏む者必食のうどんでした!

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

 

バーにもカフェにも! glass!

今回は「glass」さんのご紹介( •́ .̫ •̀ )
https://tabelog.com/tokyo/A1329/A132901/13036312/

場所は、立川駅南口からすずらん通りに入ってすぐ路地に抜けたところです

 

今回はランチでの来店でした

立川でランチと言うと、家系ラーメン以外では11時30分〜というのが多い中、ここは11時から営業しています。早目のお昼にしたい時は重宝しますねʕ•ᴥ•ʔ

外観!

f:id:tachikawax:20170816142744j:image

ランチメニューのラインナップはこちらʕ•ᴥ•ʔ

f:id:tachikawax:20170816143150p:image

全てに、サラダ、ドリンク、小鉢、ミニデザートがついて800円となっており、この手のお店では良心的な価格です。

中はダイニングバーということもあり、席は少ないですがいい雰囲気です

f:id:tachikawax:20170816143508j:image

f:id:tachikawax:20170816143521j:image

一つ一つのテーブルにロウソクが立てられていて、夜の営業時にはこれらがともされるんでしょうなぁ( •́ .̫ •̀ )

実は既に開店から40年経っている老舗だそうで、女将さん1人で切り盛りしているようです。

今回はこのお店で一番人気、秘伝のタレを使っているという生姜焼きを注文。

f:id:tachikawax:20170816143826j:image

夏だからか初めにそうめんが出てきました

f:id:tachikawax:20170816143913j:image

出てきた生姜焼きこれ!野菜がたくさん盛られていてバランスがよい!生姜焼きはというと、甘くて優しい味付けになっています。

ご飯はステーキ屋さんみたいに平皿に盛られますが、生姜焼きのおかげでぺろりとたいらげてしまいます。

これにご飯、味噌汁、デザート、ドリンクがついて800円は確かに安い!

 

ごちそうさまでした。次は夜のバーの時間帯に訪れてみたいですね😳

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

やさいのShot Bar あぐりこ( •́ .̫ •̀ )

久しぶりの更新です!

今回はやさいのShot Barあぐりこさんのご紹介( •́ .̫ •̀ )https://s.tabelog.com/tokyo/A1329/A132901/13194955/

やさい!?と思ったかも知れませんが、後程説明します。

場所は、立川駅北口、屋台村パラダイスの1つ東の通りにあります。月忠さんの隣、串揚げえんさんと同じ建物にあります。非常に入口が分かりづらいです。ここ!?という通路を真っ直ぐいくと怪しげなドアがあり、その中があぐりこさんです。

f:id:tachikawax:20170618204909j:image

f:id:tachikawax:20170618205052j:image

内観は、オーソドックスなバーという感じですが、テーブル席もあり、ゆったりできる空間です。

f:id:tachikawax:20170618205212j:image

f:id:tachikawax:20170618205232j:image

しかし、明らかにメニュー表が普通のバーではありません。バーというより八百屋です。

f:id:tachikawax:20170618205434j:image

そう、このお店は、野菜をカクテルにして提供しているお店なのです!しかも、立川産の新鮮な野菜を使っているんだとか!マスターが都心ではできない、地元の食材を使ったバーを作りたいと思い、始めたそうです。

まず出てきたのが、お通しのチーズと玉ねぎみじん切りを混ぜたやつをクッキー的なものに乗せる1品。これはかなり美味しく出来ています。

f:id:tachikawax:20170618205940j:image

 今回注文したのが、大根、きゅうり、トマト、トウモロコシです。

大根

 f:id:tachikawax:20170618210104j:image

大根がすごく主張するのではなく、ライチのリキュールがベースになっていて、後味に大根の香りがする感じです。

 

きゅうり

f:id:tachikawax:20170618211128j:image

これはきゅうりの爽やかな味がそのまま生かされたカクテル。

 

トマト

f:id:tachikawax:20170618211246j:image

これはトマトの酸味にタバスコや黒胡椒を始めとした様々なスパイスを混ぜたカクテル。かなり辛いですが、酸味と辛さの組み合わせの奥深さを実感できます。

 

トウモロコシ

f:id:tachikawax:20170618211659j:image

これは旬のあまーいトウモロコシの甘味をそのまま生かしたカクテル。一見コーンスープのようですが、全然別物です。

 

使用する野菜や果物はカウンターに飾られており、いかにいい食材を使っているのかがよく分かります。また、カクテル以外にもウイスキーを始めとして豊富に取り揃えられており、リクエスト次第で思わぬレア物に出会えるかもしれません。

f:id:tachikawax:20170618211854j:image

f:id:tachikawax:20170618211834j:image

 

 マスターは、物静かなタイプですが、聞けば野菜をどのようにカクテルに仕上げているのか、詳しく教えてくれます。

 

都心の方も間違いなく1回訪れてみる価値のあるお店です。気になった方は是非どうぞ!😤😤😤

 

捕捉ですが、マンホールがトマトでかわいいっ!

f:id:tachikawax:20170618212332j:image

 

 

立川の新しいハンバーガー屋さん!デリッシャーズ!

2017年3月3日、立川に新しいハンバーガーのお店がOPENしました。デリッシャーズというお店です。

https://tachikawa.mypl.net/mp/newopen_tachikawa/?sid=56335

※まだ食べログのページもできていないようです。

 

場所は、ご存じオニ公園のすぐ隣。駅からは少し離れているので知らないと来ないかも。。住宅地と公園に囲まれたのどかな場所にあります。

 f:id:tachikawax:20170429164427j:image

外観はこのような感じ。席は、テラス席が14席、店内に9席あります。

 f:id:tachikawax:20170429164608j:image

 

メニュー表!

 

 

見づらいので解説すると、バーガーは、ベーコンチーズバーガー、アボカドチーズバーガー、モッツアレラマッシュルームバーガー、ナチョバーガー、ゴルゴンゾーラBBQバーガー,ハワイアンバーガー、スタンダードバーガー、ダブルバーガーの8種類です。

 

モッツァレラマッシュルームバーガーとハワイアンバーガーを注文したので、その画像を載せます。

 f:id:tachikawax:20170429164627j:image

f:id:tachikawax:20170429164642j:image

 

 

本格的!!!パティの焼き加減はミディアム、ミディアムレアから選べます。

オリジナルブレンドのパティの炭火焼にこだわったお店で、ジューシーなお肉が楽しめます。

全てのバーガーにポテトがつくようです。トッピングは20種類ほどあり自分でオリジナルのバーガーを作ることができます。

 

晴れた日はテラス席がおすすめです!!