ワインと小鍋のバー!JUNUE

2軒目シャレたバーに行きたいけど、小腹も減ってる!そんな時に丁度いいお店が柴崎町にあります。

jeune ワインと小鍋
jeune ワインと小鍋 (ジューヌ ワイントコナベ) - 立川/ワインバー [食べログ]

jeune ワインと小鍋

立川駅南口を左へ進み上を気にしながら歩いてると看板が見えてきます。急な階段を3階まで上ります。

店内はこんな感じ〜

f:id:tachikawax:20190507102122j:image

f:id:tachikawax:20190507102150j:image

程よい明るさでカウンターもいい感じや!

お通しの登場!この日のお通しはホクホクのだし巻き玉子!中に具も入ってて美味しい。

f:id:tachikawax:20190507102259j:image

ワインと小鍋のお店なので、やはりワインと小鍋を注文。ワインの種類は豊富でしたが、ここはチキって1番お手頃価格の白ワインを注文。

f:id:tachikawax:20190507102652j:image

トマトと白身魚の小鍋を注文。(商品名忘れた)

f:id:tachikawax:20190507103324j:image

こんな感じで出てきます。加熱前の状態で出てくるのでひと煮立ちするまで待ちます。その間、じっと鍋を見つめるのもよし、会話を楽しむのもよし。どちらにしても退屈することはありません。それぞれの楽しいひと時をお楽しみください。

そして、ひと煮立ちして完成したお鍋がこちら。見た目が綺麗!おいしそう!

f:id:tachikawax:20190507103739j:image

実際野菜もお魚もおいしいのですが、特にオススメなのがそのスープ。しっかりだしの取られた口当たりのいい優しいお味、全部飲み干したくなってしまいます。

他の小鍋料理も食べてみたくなる上品なお店です。おすすめ!

 

 

鴨を堪能できる!TEPATOMOKA!

立川駅南口のシャレオツビストロ、bistroflatCafe(

TEPATOMOKA (テパトモカ) - 立川北/ビストロ [食べログ])が高松町に新たに出店!

 

今度は鴨を堪能できるシャレオツビストロ、TEPATOMOKAというお店。

TEPATOMOKA (テパトモカ) - 立川北/ビストロ [食べログ]

立川駅北口を降りて直進、曙橋を通り過ぎてそのままずっと真っ直ぐ歩くと左手に見えてきます。正直遠いですw

f:id:tachikawax:20190503170420j:image

f:id:tachikawax:20190503170515j:image

うーむ、中は清潔感溢れる心地よい空間。

f:id:tachikawax:20190503172218j:image

f:id:tachikawax:20190503172303j:image

鴨のお店なので、鴨の置物もあります。

f:id:tachikawax:20190503172439j:image

ゆったりランチコースA1800円を注文。

そして、ランチの1杯目生ビールまたはハウスワインがなんと200円で注文できます!

昼から飲むつもりはなかったのですが、この値段なら飲んじゃいますよね!ということでハウスワインを注文。

f:id:tachikawax:20190503172101j:image

まずは前菜盛り合わせ。

f:id:tachikawax:20190503172654j:image

本日のテリーヌ。

f:id:tachikawax:20190505172711j:image

選べるメイン。合鴨のロティ。せっかくなので鴨を頂きます。

f:id:tachikawax:20190505172851j:image

最後は渋い器で出てくるコーヒー。

f:id:tachikawax:20190505173022j:image

これで1800円。安くないですか?僕は安いとおもいます。

スタッフの方も大変親切で話しかけやすい和やかな雰囲気で、楽しいランチタイムを楽しめます。

ディナーメニューももちろん充実しており、駅からは幾分遠いけれども、わざわざ足を運ぶ価値のあるお店だと思います!

 

 

知る人ぞ知る老舗蕎麦!無庵

立川にもお蕎麦の名店があることをご存知でしょうか?

無庵というお店です。

蕎麦懐石 無庵 (むあん) - 立川北/そば [食べログ]

蕎麦懐石 無庵 −MUAN−(東京都立川市) ようこそ無庵へお越しくださいました

近年の立川市内での食べログ1位と言えば、ぎょうざ工房や天ぷら岡本でしたが、ここに来て1位に君臨、3.71の大台を叩き出したのが無庵という老舗蕎麦屋です。百名店2017,2018にも選ばれています。昨年、アド街ック天国でも紹介されたお店です。

 

立川駅北口から6分程の閑静な住宅街の中に佇んでいる無庵。絶妙な雰囲気があります。いかにも老舗という感じ。

f:id:tachikawax:20190502124347j:image

平日の昼間に訪れましたが、10分程店内で待つことに。待合所も雰囲気あります。

f:id:tachikawax:20190502124908j:image

店内に入れば老舗感満載。

客層は、やはりアダルトな方々が多いです。2人で会話を楽しみながら食べに来る方も多いですが、1人で蕎麦の味を楽しみに来ている方も多い印象でした。

f:id:tachikawax:20190502125036j:image

f:id:tachikawax:20190502125054j:image

初めに出てくる飲み物は、水でもお茶でもなく蕎麦湯。さすがお蕎麦屋さん。

f:id:tachikawax:20190502130337j:image

お昼のメニューはこちら。そば遊膳は前日までに予約が必要とのこと。

f:id:tachikawax:20190502130405j:image

この日は、大和芋つけとろせいろを注文。

このお店、人気店のため土日祝のお昼は12時までに入店とか、夜は蕎麦だけ注文はダメとか色々ルールがあるようなので、詳しくはお店HPをご覧下さい。

そして、大和芋つけとろせいろのご到着。

f:id:tachikawax:20190502134834j:image

お蕎麦アップ。

f:id:tachikawax:20190502134901j:image

このお店のお蕎麦は、八ヶ岳山麓産の玄蕎麦と相模湖産の玄蕎麦を使用しているとのこと。

まずは、何もつけずに。お蕎麦の薫りを楽しめます。そしてねっとりとした大和芋。蕎麦にこれでもかというくらいに絡みつきます。

大和芋もおいしいので、おいしく頂けましたが、やはりお蕎麦の薫りを楽しみたい場合には他のメニューの方が良いかもしれません。

 

もちろん、お蕎麦を食べた後の楽しみ、蕎麦湯も再び頂けます。

f:id:tachikawax:20190502140948j:image

 

わざわざ立川まで来て訪れる価値のあるお店だと思います!

 

 

白湯親子丼!玉屋キッチン ランチ編

以前玉屋キッチンの記事を書きましたが、今回はそのランチ編です。

tachikawax.hatenablog.com

場所は、フロム中武の裏の”あの”通りです。

”あの”通りとは、焼肉の和、和 はなれ、タイ料理のカオマンガイバザール、立川ビアホール、Brioといった名店が立ち並ぶ通りのことです。

店内がガラス張りになっているのですぐにわかります。

(画像はお店HPから拝借)

f:id:tachikawax:20190212153011j:image

ディナー編では、ワインと焼き鳥の組合せを提案するシャレオツダイニング、と紹介しましたが、ランチでもとても評判がよいとの情報を聞きつけ、早速捜査員は白昼の中玉屋キッチンへと向かった。

そこで捜査員が見たものとは!

f:id:tachikawax:20190212153031j:image

こんなにおいしそうなメニューが!

そう、このランチの親子丼がおいしいと大評判!

大山もも肉、玉ねぎ、三つ葉、小金井産フルーツエッグを使っているとのこと(๑•́‧̫•̀๑)フルーツエッグってなんだ?って話ですが、ググッても出てきませんでした。どこかのまとめサイトみたいになってすみません。

しかもただの親子丼ではなく白湯親子丼!どんなものなのか気になります( •́ .̫ •̀ )

 

こちら前菜のサラダ!和風ドレッシングが風味豊か( •́ .̫ •̀ )珍しいのは細く切ったさつまいもが入っていること。パリパリしていてアクセントになりおいしい。

f:id:tachikawax:20190212153321j:image

 

そして親子丼が到着します。

トロトロ!おいしそう!

食べる前にセンターの黄身を箸でつついてみましたが、少しの力では全然割れない!それだけ良き卵を使っているということでしょう。さすがフルーツエッグ!←

そこで捜査員は勢いよく黄身をつついて破壊し、親子丼を頂くことに。

すると!なんと一度鶏肉は焼いてあるようです。さすが焼き鳥のお店だけあります。それをふわとろの玉子とともに味わい、最後に三つ葉の香りが鼻にぬけます。おいしい!大変上品な親子丼。白湯スープで煮込まれたこの親子丼は鶏の風味がとっても豊か。

f:id:tachikawax:20190212153338j:image

これに味噌汁、ポテサラがつきます。味噌汁は赤出汁。良い店だけあって味噌汁にも気を抜かない。おいしい。おかわりしたくなる。ポテサラはなめらかな口当たりでちょっと独特。

 

薬味で黒胡椒と粉山椒が置いてあり、味変も楽しむことができます。どちらも高級そうです。

f:id:tachikawax:20190212153355j:image

 

捜査員が一心不乱に親子丼を食べ進めていると、店員さんが以下のブツを運んできます。。。。これは一体!?

f:id:tachikawax:20190212153414j:image

どうやら白湯スープとわさび、ごまのようです。これを一体どうしろと!?と思った瞬間、店員さんから驚愕の一言が!!! 

「3分の2程召し上がったらこれらをかけてお茶漬けのようにして食べてください。」

 なんて贅沢な!と思いましたが、捜査員は躊躇することなく白湯スープを投入。

この白湯スープ、そのまま飲んでみましたが、鶏のお出汁がよく出ていて上品かつ深みのあるお味。それをわさび、ごまと合わせて親子丼にかければおいしいに決まっているわけです。鶏の風味がより強くなり、なおかつサラサラ食べられる、もはや別の料理ですね。1000円で2度楽しめます。

f:id:tachikawax:20190212153627j:image

 

ディナーが素晴らしいお店がやるランチはお得でかつ高クオリティ。これが1000円とは!捜査員も納得の逸品!

是非お試しください(๑•́‧̫•̀๑)

 

立川の中に香港!?HONG KONG SWEETS 果香!

立川にも香港風カフェなんていうシャレオツなものがあります。HONG KONG SWEETS 果香というお店。「カカ」と読みます。場所はルミネの7階。

自由が丘のスイーツフォレストにも系列店があるようです。

HONG KONG SWEETS KAKA | 果香

tabelog.com

休日のおやつ時に訪れたので、満員。少し待って入れました。夕方が近づくと空いてきたので、16時以降に訪れるのがおすすめです。

 お店の外観。

f:id:tachikawax:20190207142904j:image

カフェですが、食事もできるようです。

f:id:tachikawax:20190207143035j:image

店内の様子。

f:id:tachikawax:20190207142951j:image

カウンターの様子。店員さんは、香港っぽい(?)格好をしています。

f:id:tachikawax:20190207143005j:image

 

ドリンクは、懐かしのタピオカドリンク、亀ゼリードリンク、愛玉子ドリンクがメイン。香港素人からすると、タピオカは分かるにしても、亀ゼリー、愛玉子って何だ?って感じですね。

亀ゼリーとは…亀の甲羅の裏にあるコラーゲンと生薬から作ったゼリー。

macaro-ni.jp

愛玉子とは…オーギョーチと読みます。イチジクに近い愛玉子という植物の種を水の中で揉むことでつくられるゼリー。

docomogu.delivery.dmkt-sp.jp

 と、ざっくりした情報をググったところでココナッツミルクの亀ゼリードリンクと愛玉子ドリンクの中国茶割を注文。

f:id:tachikawax:20190207143146j:image

 

こちらのカフェはドリンクとフードをセットで頼むとお得。王道っぽい(?)杏仁豆腐と1番人気という九龍を注文。

f:id:tachikawax:20190207143220j:image

 

ホットスイーツもあるよ。これもおいしそう。次来るときは注文したい。

f:id:tachikawax:20190207143246j:image

 

注文すると、麻雀の牌を渡されます。これが伝票代わりのようです。

f:id:tachikawax:20190207143309j:plain

 

まもなく杏仁豆腐、愛玉子ドリンク中国茶割が到着。

ちゃんとした杏仁豆腐ってあまり食べる機会なくないですか?何かのデザートでついでに出てくることが多いというか。当方、初”ちゃんとした杏仁豆腐”でしたが、上品!上品な甘味につるんとしたとろける食感。これはおいしい。

愛玉子ドリンクは、蜂蜜&レモン味のドリンクを中国茶で割り愛玉子を加えたもの。ドリンクの味は、まんまですw蜂蜜とレモンと中国茶の味がします。愛玉子自体はあまり味はしませんが、チュルチュルしててよい食感。

f:id:tachikawax:20190207143338j:image

f:id:tachikawax:20190207143356j:image

 

そして九龍と亀ゼリーココナッツドリンクが到着。

九龍はインスタ映えっぽいですね、いかにも。夏らしい涼し気なスイーツ。(今は冬ですが)

寒天の中に小さなフルーツたちが閉じ込められています。お味は想像通りのお味wフルーツおいしい( •́ .̫ •̀ )

亀ゼリーは、ココナッツミルクの中に沈んでいます。ココナッツおいしい。亀ゼリーは…なんとも不思議なお味。身体に良さそう(KONAMI)

f:id:tachikawax:20190209152557j:image

f:id:tachikawax:20190209152622j:image

 

冬なので、ホットスイーツを頼んでいるお客さんも多かったです。ホットもおいしそう( •́ .̫ •̀ )

ルミネに来た時は寄ってみてね(●´ω`●)

 

立川駅周辺 オススメ麺類のお店!( •́ .̫ •̀ )

この記事では、立川駅周辺でここは行っておくべき!という麺類のお店を麺別に紹介していきます。

 

ラーメン

店名:楽観

立川駅北口

まず推したいのが楽観というお店!このお店はパールという塩ラーメンと琥珀という醤油ラーメンの2枚看板!どちらも文句なしにおいしい

パール

f:id:tachikawax:20190201145843j:image 琥珀f:id:tachikawax:20190201145858j:image

 

店名:鏡花

立川駅南口

もう1つオススメしたいお店が。和風なスープの醤油ラーメンで、トッピングの三葉とよく合います。ラーメン屋らしからぬおしゃれな雰囲気もこのお店の魅力です!

f:id:tachikawax:20190201150509j:image

 

つけ麺

店名:井の庄

立川駅南口

立川でつけ麺と言えば、たま館にあるこのお店は外せないでしょう。濃厚豚骨魚介つけ麺。麺は太麺にするのがオススメです。スープ割りが超美味しい。

f:id:tachikawax:20190201152043j:image

 

店名:青樹

立川駅北口

こってり煮干しつけ麺が頂けるお店!つけ麺と言えばこってり!そして濃厚!これに関しては文句なしのつけ麺が頂けます!

f:id:tachikawax:20190201153917j:image

 

まぜそば

店名:かぐら

立川駅南口

鶏、鯛、海老、特性ラー油の4種のまぜそばが味わえる。どの味もそれぞれにおいしい。個人的なおすすめは鯛です!

f:id:tachikawax:20190201160110p:image

 

油そば

店名:宝華らぁめん

立川駅南口

ぬめっとした麺にカイワレ、ネギといった薬味が相性抜群の油そばです!生卵をトッピングでプラスするのがオススメ!

f:id:tachikawax:20190201161135j:image

 

うどん

店名:香川一福

立川駅南口

ミシュランガイドにも掲載された香川一福のうどんが立川で味わえます。本格的なコシのうどんを味わいたければこのお店がオススメ!

f:id:tachikawax:20190203152436j:image

 

蕎麦

店名:更科蕎麦 堀井

立川駅北口

 江戸蕎麦御三家の1つ、更科蕎麦が頂けるお店。230年続く老舗の立川店です。つるつるとした喉越しが特徴のお蕎麦を食べることができます。

f:id:tachikawax:20190117105835j:plain

 

tabelog.com

tachikawax.hatenablog.com

和食にワインはいかが?フレンド書房!(๑´•.̫ • `๑)

f:id:tachikawax:20190206175040j:image

 

今回紹介したいのはフレンド書房というお店。立川で「こじんまりとした隠れた名店」ランキングをつけるとしたら1位ですね…何のランキングだかよくわかりませんが

tabelog.com

friendshobo.com

 

書房という名前ですが本屋さんではなく和食とワインのお店

マスターのお父様が高松町に同名の書店を出しており、それを継ぐという意味合いで書房という店名にしているとのことです。

お店のHPに串焼きのお店とありますが、2年程前に業態変更していて串焼きを不定期での提供で現在は主に和食やおつまみを提供するお店になっています。

また、事前に予約してから来店するようお願いしているようです。木曜定休日です。

来店の際は、FacebookInstagramの情報を参考にご予約ください。

https://www.facebook.com/FriendShobo/

https://www.instagram.com/toriwine/

 お店の場所ですが、立川駅南口を出て左折。2つ目の曲り道で右折すると左手にフレンド書房、と書かれたビルがありそのビルの3階です。

f:id:tachikawax:20190206200317j:image

3階まで急な階段を上ります。

f:id:tachikawax:20190205123900j:image

お店の前には本がたくさん。

f:id:tachikawax:20190205123943j:image

 席はテーブル2卓8席、カウンター6席の14席。こじんまりとした店内は内装も素敵。

f:id:tachikawax:20190205174806j:image

はっきり言って常連さんが集まるお店です。じゃあ新規マンは入りづらいのかと思いきや全くそんなことはなく、感じの良いマスターが常連さんと見境なく気さくに話しかけてくれ、他のお客さんとの懸け橋になってくれます。そのおかげで新規マンも居心地良く過ごせます。

メニューの一部はこちら。

f:id:tachikawax:20190205174828j:image

メニューから注文することもできますが、マスターと会話する中でその日のおすすめメニューを提案してくれます。さすが常連の店って感じですね。

1品目には1番人気という「おからのポテトサラダ」を注文。おからの食感とベーコンがおいしい。人気というだけあります。

f:id:tachikawax:20190206120016j:image

 

食前酒におすすめというサワーを注文。このお店のサワーは、"本来の"サワーです。というのも、居酒屋で出るサワーはスピリッツに果汁・ソーダを加えたものが一般的ですが、このお店のサワーは柑橘系の蒸留酒にスピリッツを合わせた本来のサワー。さっぱりしていてとってもおいしい。

f:id:tachikawax:20190206115808j:image

ワインも分厚いメニュー表がありますが、このお店では注文した料理に最も合うワインをセレクトしてくれます。ワインに詳しい必要はありません。全てマスターに委ねれば上質な食事とワインを楽しめる、そういうお店です。注文したワインがどんなものなのか、詳細に語ってくれるので自然とワインのことを知ることができます。カウンター席の方がマスターに近いので1人か2人で来店することをおすすめします。

 

 続けてお任せおつまみ3点盛、鶏もも肉の幽庵焼きを注文。この日のおつまみ3点は、ピーマンをくたくたにしたやつ、豆腐になめ茸のせたやつ、切り干し大根をおいしくしたやつ。全部お酒がすすむやつです。幽庵焼きはジューシーでうま。

さらにマスターの導きにより、これらに合うおいしーいロゼワインを注文。珍しいニュージーランド産のロゼ。ニュージーランドは1日の寒暖差が激しくワイン作りには適さない中、フランス産並のン値段がつくワイン。つまり、いいワイン(๑´•.̫ • `๑)幽庵焼きの酸味によく合います。

和食には特にロゼワインが合うとのことで、ロゼワインの品ぞろえが豊富のようです。

f:id:tachikawax:20190206174931j:image

f:id:tachikawax:20190206174953j:image

f:id:tachikawax:20190206195500j:image

 

続いてその場で炙ってくれる”本来の”ベーコンのステーキ、出し巻き卵を注文。さらに例によってこれらに合うロゼワインをマスターがセレクト。

 当方、こんなにおいしいベーコンは食べたことがありません。マスター曰く、スーパーで売ってるベーコンは燻製風味の味付けをしているだけで、本当に燻製はしていないとのこと。こちらのベーコンはしっかり乾燥、燻製しているので凝縮された肉の旨味を堪能できるというわけです。

f:id:tachikawax:20190206175040j:image

そしてこの綺麗な出し巻き卵。何度も卵を濾して濾して本当においしいところだけを使って作ります。手間がかかっているだけあって超おいしいです。

f:id:tachikawax:20190206175055j:image

ワインはジューシーなベーコンに合うものを選んでもらいました。「これに合うものを…」とデューク東郷ばりに渋く注文すればよいだけです。こちら赤とロゼの中間のようなワイン。見た目味がきつそうですが、すっきりしていてお肉料理によく合います。

f:id:tachikawax:20190206195418j:image

ワインの品ぞろえもすごいですが、このお店は伝説のビール、「白穂乃花」が頂けるお店でもあります。予約制になっているので前日までに予約してからご来店くださいませ。

www.sapporobeer.jp

f:id:tachikawax:20190206195333j:image